豊橋市・豊川市から名古屋駅(名駅)へのお得なアクセス方法

観光・お出かけ

豊橋市・豊川市のお住まいの方は、名古屋へアクセスする機会も多くあるのでは無いでしょうか。ちょっとした買い物、離れた友人との飲み会、知り合いの結婚式、出張で名古屋駅から乗る場合など多くの方は年に1~2回は行く機会もありますよね。

ただ、実は何も考えずに乗ってしまうと損をしてしまうってご存じでしたか?
名古屋駅までのお得なアクセス方法をご紹介します。

往復切符を購入

豊橋駅⇔名古屋駅

JR線

■平日
『名古屋往復きっぷ』: 1,860円 ※2019年10月からは1,900円

■休日(土日・祝日)
『名古屋往復きっぷ』: 1,540円 ※2019年10月からは1,560円

■購入場所
豊橋、二川、牛久保、豊川の各駅とジェイアール東海ツアーズ豊橋支店
■販売・有効期間
利用日当日のみ

名鉄線

■平日
『名古屋往復きっぷ』: 1,740円 ※2019年10月からは1,780円

■休日(土日・祝日)
『名古屋往復きっぷ』: 1,540円 ※2019年10月からは1,560円

■販売場所
名鉄名古屋駅、金山駅、豊橋駅および名鉄名古屋駅サービスセンター、タッチパネル式自動券売機(改札内設置は除く)
■有効期間
発売月の翌月1日まで。

豊川駅(豊川稲荷駅)⇔名古屋駅

JR線 (豊川駅乗車)

■平日
『名古屋往復きっぷ』: 1,860円 ※2019年10月からは1,900円

■休日(土日・祝日)
『名古屋往復きっぷ』: 1,540円 ※2019年10月からは1,560円

■購入場所
豊橋、二川、牛久保、豊川の各駅とジェイアール東海ツアーズ豊橋支店
■販売・有効期間
利用日当日のみ

名鉄線 (豊川稲荷駅乗車)

残念ながら、名鉄線ではお得な乗り方がありません。
名鉄のメリットとしては、乗り継ぎなしで名古屋駅までほぼ確実に座れること。
通常の往復料金 2,220円を掛けるか、値段は安いが乗り継ぎ有(豊川駅⇔豊橋駅⇔名古屋駅)のJR線にするかを選ぶことになりそうです。
以上、名古屋までの料金をまとめてみました。
基本的には窓口購入の必要があるので急いでいるときには使えませんが、ゆとりがある時には是非活用して節約してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました