2020年正月の豊川稲荷初詣の混雑・渋滞情報をまとめてみた

時事・話題
スポンサーリンク

毎年、正月は初詣に行くという方も多いですよね。
豊川市は、豊川稲荷がありますので正月は非常に多くの方が集まり、正月の3が日は非常に渋滞します。
商売繁盛や金運アップのご利益を求めて、正月は特に参拝する方が多いです。そんな中、遠方から訪れる方のために混雑情報・渋滞情報をまとめてみました。

1月12日追記:元日に参拝に行って来ましたので追加記事を作成しました。

 

豊川稲荷初詣の混雑・渋滞情報

豊川稲荷の年末年始 参拝時間

12月31日 6:30〜20:00、 23:30〜
1月1日 〜21:00
1月2日 4:00〜20:00
1月3日 4:00〜20:00
1月4日 5:00〜19:30(以降4日と同じ)

豊川稲荷初詣のアクセス手段

① 公共交通機関

JR東海道新幹線・東海道本線「豊橋駅」下車、JR飯田線に乗り換え「豊川駅」でアクセスするのが一般的です。三が日は電車も混雑はしますが、まだ乗れる分だけ比較的マシですね。
ストレスを減らすなら公共交通機関がマストです。

② 車

豊川中心部は混みあう為、どの道を選択しても最終的に空いている道は基本的にありません。
時間帯にもよりますが、全く混雑せずに行けることは無いので、時間にゆとりを持って行動しなければなりません。

あまり待ちたくないがアクセス的に車で行かざるを得ない方は、車で豊川近辺の駅まで行き電車を使うというのも良いでしょう。

渋滞を避けるには

①時間をずらす

12月31日23:00~1月1日4:00頃は例年混雑していることが多いです。この時間をずらせば、まだ比較的アクセスできます。

ただし、1月1日も朝7時以降は混雑し始めますので、1月1日に行く場合は朝4:00~7:00に行くか、夜7:00以降に行くと比較的空いています

②姫街道(県道5号線)は使わない

豊川市の姫街道(県道5号線)は通常でも結構混みあうのですが、正月の間はとても混み合います。
正直、豊川市民は正月の間はこの道を使わない位に混み合いますし、使うと時間が全く読めません。なるべく使わないことがお勧めです。

個人的には、横道に逸れて豊川稲荷に向かった方がお勧めです。

③ホテルを予約する

豊川駅から徒歩3分の位置にあり、豊川稲荷までアクセスが容易なホテルクラウンヒルズ豊川駅前は12月29日現在でも、12月31日・1月1日~でも部屋に空きがあります。

部屋もイベント価格になっておらず、1名5000円程度になっており、リーズナブルな価格帯です。
12月31日に宿泊、1月1日に参拝してからゆっくりと帰るというのも悪くありませんよ。

ホテルクラウンヒルズ豊川駅前

駐車場はどこ?

豊川駅東立体駐車場

豊川駅の東側にある立体もある駐車場で、価格も1日で500円と安い価格です。
普段は空いているのですが、1月1日~3日間は結構混み合います。豊川ICから来る場合はここが無難な選択でしょう。

豊川稲荷大駐車場

豊川稲荷が保有している駐車場です。470台近く駐車できる平面駐車場です。
元々、500円でしたが増税により2019年12月27日より600円に値上げされています。

音羽蒲郡ICや1号線側など、姫街道を通ってくるときはこちらを利用すると良いでしょう。

③その他駐車場を利用する

豊川駅近辺では、正月の間は貸し駐車場が増えます。空いている土地、個人宅の駐車場、コンビニの駐車場なども貸し出されます。(相場は500円~700円程度だったと思います)

空いているかは運次第ですが、ワンチャンスに掛けてみるのも人によってはありでしょう。

過去の渋滞情報

交通規制に注意

豊川市公式サイト

豊川市 ページを表示することができません

 

折角の年始にストレスをためてしまうのは残念なので

ゆとりを持って、訪問してください。

また事故には気を付けてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました