19年12月12日 豊橋市に温泉施設「ゆのゆ TOYOHASHI」がオープンするぞ

時事・話題

皆さんは温泉が好きですか?私は年に何度も温泉に行くのですが、近場だと浜松などのスーパー銭湯に行っていました。(豊川・豊橋に好みのところが無く、元々好みだった蒲郡のところも運営が変わってしまった為、行くところが無くなってしまいました。)
そんな中で、豊橋市に温泉施設「ゆのゆTOYOHASHI」がオープンするのですが、もう1ヶ月も迫ってきましたのでわくわくしながらリポートしたいと思います。

「ゆのゆ TOYOHASHI」

「ゆのゆ」とは?

「ゆのゆ」とは名鉄グループが新たに展開するスーパー銭湯の店舗名で、豊橋市の店舗が第1号となります。今後、愛知県内に多店舗展開されていくと思われます。

「ゆのゆ」は名鉄グループが新たに展開するスーパー銭湯で「誰もが気軽にリフレッシュできる場所」をコンセプトに、バラエティ豊かなお風呂、幅広い年代の方にお楽しみいただける飲食エリアや癒しを提供する岩盤浴・リラックスエリアなどをご用意しています。

2019年12月12日(木)、「ゆのゆ」第1号店として、いよいよ「ゆのゆTOYOHASHI」が豊橋市飯村にオープンします。
ゆのゆ公式サイト より

オープン日

2019年12月12日(木)

施設情報

風呂

東海地区最大級の直径 5m を超える炭酸泉をはじめとした 5 種類の露天風呂。
日替わり湯やジェットバスなど 8 種類の内湯、2 種類のサウナ。

■風呂の種類
【露天】 炭酸泉、壷湯、美泡湯、岩風呂、寝転び湯、塩サウナ


【内湯】 炭酸泉、替わり湯、電気風呂、ジェットバス(4 種)、水風呂、サウナ

ゆのゆラウンジ(岩盤浴室+リラクゼーションスペース)

■岩盤浴
約 50 床の岩盤浴室と、クールルームを備え、岩盤浴室では、ロウリュウやヨガプログラムの実施を予定。

■リラクゼーションスペース
テレビ付のリクライニングチェアや約 6,000 冊のコミック・雑誌。

レストラン

「こだわりレストラン 飯村キッチン」では、和食を中心に多彩な料理を用意。

 

料金

料金は標準的な価格帯です。
サービス券や割引券がどの程度あるかは気になりますね。

 

入館料金【一般】 ※会員(100円必要)の場合は、大人は50円引き
■平日   大人:750円  子供350円
■休日   大人:850円  子供350円ゆのゆラウンジ(岩盤浴) ※中学生以上
■全日   大人:600円(入館料も必要)

アクセス

元々、前ケーズデンキ、パレマルシェがあった場所です。1号線からのアクセスも良いので物凄く混みあうことが予想されますね。

料金は標準的な価格帯です。
サービス券や割引券がどの程度あるかは気になりますね。

住所:〒440-0835 愛知県豊橋市飯村南2丁目31−1

コメント

タイトルとURLをコピーしました