9月4日~豊川市 赤塚山公園のぎょぎょランドで絶滅危惧種のネコギギの展示開始

時事・話題

2019年9月4日(水)より、豊川市のぎょぎょランドにて絶滅危惧種に指定されているの「ネコギギ」の稚魚100匹の展示が始まりましたのでまとめてみました。

ネコギギとは?

ネコギギとは愛知県、岐阜県、三重県の伊勢湾・三河湾流入河川の固有種。
河川の上流や中流域に生息し、流れの緩やかな岸辺のヨシ場の間や石の間などに見られる。
日中はほとんど遊泳することなく、岩陰などに潜んでいて、夜になると底近くをゆっくりと泳ぎはじめる。

在は環境省のレッドリストに絶滅危惧種(EN)として指定されており、また水産庁のレッドデータブックにも絶滅危惧種として指定されている。

ぎょぎょランドでは去年、初めて1匹の孵化(ふか)に成功し、今年は695匹が孵化したとのこと。ちなみに清流にはいることはいますが、当然リリースしないと逮捕案件になります。

展示情報

ネコギギの稚魚約100匹が9月4日(水)から展示され、元気に泳ぐ姿をみることができます。
稚魚は、9月30日まで展示される予定。

豊川市 赤塚山公園 ぎょぎょランドアクセス

住所:〒442-0862 愛知県豊川市市田町東堤上1−30

 

 

絶滅危惧種がみられる珍しい機会。時間が許せば是非見に行ってみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました